ボートレース若松優勝選手

優勝選手リスト

若松夜王シリーズ第1戦福岡ソフトバンクホークス杯福岡県内選手権(令和4年6月24日)

新開航 今年6V!

新 開    航
4932 新 開 航(福岡)


 地元選手が連日熱戦を繰り広げた若松ボートの「若松夜王シリーズ第1戦福岡ソフトバンクホークス杯福岡県内選手権」は24日に優勝戦が行われ、2号艇の新開航(26歳=福岡)が2コース差しを決めて快勝。絶好調の今年はこれで6回目の優勝となった。

===


 黒の勝負服で笑って始まり、ラストも黒の勝負服で笑った。

 初日の第1走目(9R)は、2コースからマクリ一撃。インの平田忠則を沈めた。圧巻の独走白星発進。ピットでは笑みが見られた。

 予選は2位通過。トップの座は池永太に譲ったものの、優勝戦ではその池永の懐に渾身の差し一閃。スリットから1マークにかけて、V本命の池永に対してプレッシャーをかけ、そして池永のイン先マイが流れた隙を見逃さなかった。風速7mのコンディションでも、ターンマーク際に鋭い差しを決めた。新開の完勝だった。「嬉しいです。レース足が良かったですね」。

 レース後のピットでは先輩選手らに迎えられ、控えめにハイタッチ。ド派手に喜びは表現しないも、ヘルメットの隙間から優しげな笑顔が見られた。

 これで通算10V。そのうち今年だけで6Vの快進撃。7月からの勝率は自身最高の7.35でA1級復帰も決まっている。「これからもいい成績を続けて残していけるように頑張りたいです」。次走は芦屋のGII戦。V数はどこまで伸ばすのか。ボート王国・福岡支部の新たなヒーローから、今年後半も目が離せなさそうだ。

 
===
※この文章を他のホームページ等へ、無断転載することを禁じます。

(文:吉川)

若松夜王シリーズ第1戦福岡ソフトバンクホークス杯福岡県内選手権 6日目 12R優勝戦 レース結果

登番 名前 タイム 決まり手
1 2 4932 新開 航 1'51"3 差し
2 1 4364 池永 太 1'52"7
3 3 4351 里岡 右貴 1'54"4
4 4 3715 倉尾 大介 1'55"6
5 6 4363 大野 芳顕
6 5 4234 野相 弘司
スリット ST
1 .21
2 .19
3 .19
4 .21
5 .24
6 .24

TOP